タイゴエナジー、記録的なインバーター互換性データベースをインターソーラー・ヨーロッパで披露 | Enterprise Wire

伊モンテバルキ–(Organization WIRE)–(ビジネスワイヤ) — フレックスMLPE(モジュールレベル・パワーエレクトロニクス)における太陽光業界リーダーのタイゴエナジーは本日、タイゴTS4製品と組み合わせ可能なインバーターについての包括的で完全に検索可能なデータベースを、2022年5月11~13日にドイツのミュンヘンで開催されるインターソーラー・ヨーロッパで公開すると発表しました。またタイゴの担当者はタイゴTS4フレックスMLPEデバイスの全製品シリーズを紹介し、タイゴエナジー・インテリジェンス・ソフトウエア・プラットフォームのソーラーフリート管理能力のデモも行う予定です。

タイゴのフレックスMLPE製品は、業界大手の完全テスト・認定済みインバーター数種類と組み合わせることができます。太陽光発電の専門家がより効率的にシステムを構成・設計できるように、タイゴのインバーター互換性データベースはフレックスMLPE製品と組み合わせ可能と認定されたインバーター・モデルすべてをリアルタイムで検索できるようになっています。

タイゴエナジーのNils Szymczak事業開発担当マネジャーは、次のように語っています。「タイゴのソリューションは、住宅用・商用・大規模発電事業規模のアレイの従来型PVに光を当てます。タイゴを選択することで、設置会社は日陰やミスマッチを克服する柔軟で信頼のおけるMLPEプラットフォーム、モジュール、ストリング、システム、フリートのレベルで視覚化可能な高度なモニタリングソフトウエア、そして当社が言うところの太陽光発電の自由を常に得ることができます。この最後の点は、希望するモジュールやインバーターをTS4プラットフォームと自由に組み合わせできるということです。」

インターソーラー・ヨーロッパに来られる方々は、ぜひタイゴのブースにお立ち寄りください。当社ブースで数当てゲームに参加し、この新しいデータベースに掲載された組み合わせ可能なインバーター・モデルの数を当てると、タイゴの景品をもらえるかもしれません。

タイゴ・フレックスMLPE製品やインバーター互換性データベースの詳細については、2022年5月11~13日に開催されるインターソーラー・ヨーロッパで、タイゴエナジー(メッセ・ミュンヘン、パビリオンB4、ブース357)にお立ち寄りください。このイベントの前にタイゴのチームにお問い合せを希望される場合は、このリンクをご利用ください。このインバーター互換性データベースについての詳細や、インバーター数当てゲームの当たり通知を受け取るには、こちらにご登録ください。

タイゴエナジーについて

タイゴエナジーはフレックスMLPE(モジュールレベル・パワーエレクトロニクス)の世界的リーダーであり、顧客により多くの選択肢と柔軟性を提供する革新的な太陽光発電の変換・蓄電製品を設計しています。タイゴTS4プラットフォームは、発電量の増加、運用コストの削減、安全性の向上を実現します。タイゴのエネルギー・インテリジェンス(EI)プラットフォームと組み合わせることで、モジュール、システム、フリートの各レベルの分析情報を提供し、太陽光発電の性能を最大化しつつ、運用コストを最小化します。そして、当社の太陽光発電技術のポートフォリオを完成させるのは、住宅設置向けの柔軟な太陽光発電・蓄電ソリューションであるタイゴEI住宅ソーラー・ソリューションです。タイゴは2007年に、太陽エネルギーの導入を促進するために、シリコンバレーで設立されました。当社の世界的チームは、7大陸でギガワット時の安全な太陽エネルギーを確実に生産するシステムを持つ顧客をサポートしています。当社サイトwww.tigoenergy.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。